カート
Close Alternative Icon
12月にDAMDAM [Atelier]を開催致します!メールマガジン購読で詳細をお届けいたします!

Dorozome

Arrow Thin Left Icon Arrow Thin Right Icon
Dorozome

Dorozome is a traditional mud-dyeing technique originating from the island of Amami, Japan. It can achieve different tones of blacks, browns, and greys and is frequently used to create the highly prized oshima tsumugi, the jet-black kimono silk threads.

泥染めは、奄美の島に由来する伝統的な染色技法です。 黒、茶、灰色の異なる色調を作り出すことができ、漆黒に染められた絹糸は、とても価値のある大島紬をつくるために使われています。

The mud is taken from Amami’s iron-rich rice fields, continually replenished by the abundant mountain streams flowing through the area to the sea. This ancient dyeing technique is completely sustainable and requires highly skilled artisans to produce the craft. 

泥は鉄分の豊富な奄美の田んぼから取られ、渓流で洗い流され自然に還っていきます。この古代の染色技術は完全に持続可能なものであり、工芸品を生産するには高度な熟練した職人技が必要です。

A preliminary dye is made by boiling the wood trees indigenous to the Amami region. Branches are chopped and simmered for two days, at which point the pulp is removed. The silk yarns are soaked in this initial dye bath, then in the iron-rich mud, initiating a chemical reaction that extracts the colors from the mud and locks them into the fabric.

下染めは、奄美地方原産の樹木を煮出した染色液で行われます。 枝をチップ状に細かくし2日間煮出したら、チップを取り除きます。 絹糸はまず、この染色液に浸され、次に鉄分が豊富な泥に浸され、化学反応によって絹糸に色が定着します。

"I did not know mud dyeing when I was young. It was very interesting to be able to make colors using only what is available in Amami Oshima. I don't buy colors, I go to the mountains to get it. Using the color of the plants to react with the mud was like a magical experience for me. I want to share it with everyone so I'm still going on," says dorozome master Yukihito Kanai.

「若い頃は泥染めのことを知りませんでした。奄美大島でしか手に入らないものを使って色を作ることはとても面白かったです。色を買わずに山に行って色を手に入れました。泥と植物を反応させ色を出すことは、私にとって不思議な体験のようでした。私はそれをみんなと共有したいので、今も続けています」と泥染め職人の金井志人さんは話しました。

"I believe that sustainable methods exist in classical techniques. I think that important things will remain, even if it is a laborious way."

「古典的な手法に持続可能な方法が存在すると私は信じています。たとえそれが面倒な方法であっても、大切なことは残っていくと思います。」

“The history of dyeing is deep in Amami Oshima, and there are two reasons for handling it myself. One, to tell the next generation that there is such a cultural history. Second, I want to do what I can with dorozome in the present age. The history of chemical dyeing is 100 - 200 years old, but natural dyeing has been around longer. I think we will shift to natural things in terms of resources in the future, and we need to use it sustainably in order to convey it for a long time.” 

「奄美大島は染色の歴史が深く、私が泥染めを行う理由は2つあります。 1つ目は、このような文化の歴史があることを次世代に伝えるため。 2つ目は、現代で泥染めでできることをしたいからです。 化学染色の歴史は100〜200年前のもので、天然染色の方が歴史は長いです。 将来的には資源的にも自然のものにシフトしていくと思いますし、それを長く伝えるためには継続的に行う必要があると思います。」

最新投稿
Introducing DAMDAM [Atelier]
Craig Anczelowitz
Miwa Neishi
Sensorial Ritual of Incense
Warosoku Daiyo
JA
JA