カート
Close Alternative Icon
12月にDAMDAM [Atelier]を開催致します!メールマガジン購読で詳細をお届けいたします!

ミニマリストの習慣

スキンケアは、自分自身や自然との繋がりを見つめなおす大切なルーティンワークです

自分を見つめなおす

自分を見つめなおす

お風呂は、洗浄して癒す、日本人の欠かせない習慣です

清める

日本のスキンケアと入浴は、ただ洗うという行為以上の意味を持っています。入浴は考えることから解放させ、身体を落ち着かせ、無重力を感じることができます。この習慣は、古くは8世紀まで遡り、行水などで冷水や温水で身体を清めるという行為が、仏教の教えとして受け継がれています。

日本には数多くの温泉があり、火山岩に含まれるミネラルには疲れた身体を癒す効果があります。温泉とは、家族や人々を呼び寄せ、絆を深める場所でもあります。

自然体の自分でいよう

じっくり時間をかけたスキンケアは、自分を見つめなおすことで、いまこの瞬間を大切に感じさせ、心にゆとりを与えます。 リラックスながら、肌のクレンジングや潤いを与えることに、ぜひ喜びを感じてください。

商品を見る
おそうじ

おそうじ

日本では、身の回りや肌をきれいにするということが、心を整える上で大切にされています。

日本の「おそうじ」は、単にきれいにするだけでなく、日常への感謝と新たなスタートへの意気込みも表現するものです。 常に清潔でいること、その対象が身の回りや身体、そして肌であっても、心を整えるために大切だと考えられています。

ステップ1

日本で昔から体にいいといわれる、こんにゃくが主要成分の、ノーマッズクリームピュリファイングクレンザーを使います。 よく洗い流し、優しくたたくように余分な水分を拭き取ります。

ステップ2

お湯で温めたタオル(弊社の和紙からできたタオルをおすすめします)で肌を温めます。ステップ1の前にするのも、一つの方法です。

ステップ3

さらなる肌ケアに、週に3回、スキンマッドパワーマスクを使用します。肌に塗り、3~5分、またはマスクが乾くまでそのまま待ちます。 フランキンセンスの香りを感じながら呼吸をしていると、ストレスや不安な気持ちが和らいでいきます。 最後は、マスクをしっかり洗い流すか、スチームタオルできれいに拭き取ってください。

商品を見る
もち肌のための習慣

もち肌のための習慣

理想の「もち肌」を目指しましょう

ふっくらとしたビロードのような肌、それが「もち肌」

「もち肌」を手に入れるには、しっかりと汚れを落とすこと・潤いを与えることが大切です

ステップ1

クレンジング後、パラディシミストハイドレーティングエッセンスで肌にたっぷり潤いを与えます。コットンにとって使用しても構いません。スパイシーなカルダモンの香りは、優しく気分を高めます。

ステップ2

マジックドロップスオイルセラムを3~5滴取ります。フェイスライン、頬、こめかみまで、肌を上に持ち上げるように優しくマッサージを行います。ベチバーとジャスミンの香りは、感情を落ち着かせ、穏やかな気持ちにしてくれます。

ステップ3

唇と頬のトップ部分にリップアンドスキンバームを軽くのせてあげると、潤いを閉じ込め、自然なツヤを与えます。

商品を見る
Arrow Thin Left Icon Arrow Thin Right Icon

    商品カテゴリー

    JA
    JA